日常からの解放、邦画「舟を編む」

ヒューマンドラマ

スポンサーリンク

おはようキネマ!アザリままみです☆✨🌅

 

先週末の土曜日、少しもやもやした気持ちがあったので、近所の神社を参拝してきました。😃

人気の少ない森に囲まれた静かな神社です。

このあたりでは一番大きく、宮司もいて、祈祷もしてもらえる神社です。

神聖な佇まいに、空気も澄んで冷たく感じます。

お参りして散策して、おみくじを引きました。

大吉でした!😃

恋愛、思うように叶うそうです❤😉

嬉しい😁

神社って心を落ち着けることのできる、わたしの好きな場所です。

今日は、気持ちを落ち着けるのに良い作品を紹介します。

「舟を編む」です。

邦画「舟を編む」

2013年公開の邦画です。

“キネマワッチング”初の邦画記事ですね。

松田龍平主演、宮崎あおい助演で、日本アカデミー賞では最優秀作品賞や主演を受賞し、米国アカデミー賞にも日本代表作として出展されました(ノミネート至らず)

Yahoo!映画では4.0と高評価です。

出版社の辞書編集部を舞台に、“今を生きる辞書”を目指して編纂するチームを描いた、なかなか異色作品です。

恋愛模様なども盛り込まれているのですが、辞書編纂が大テーマとなっていて、物語は淡々と穏やかに紡がれます。

悪い人は出てこないし、始終のんびりしたテンポ、わたしの好きなヤツです。😃

自然で控えめな演技に、こちらも意識せず集中して、仕事に愛を持って地味な辞書編纂にのめり込むチームの独特な雰囲気に包まれる事でしょう。

三浦しをん原作「舟を編む」

本作は2012年の本屋大賞に選ばれた三浦しをんの小説が原作になっています。

「辞書は言葉の海を渡る舟、編集者はその海を渡る舟を編んでいく」というこの題名、印象的ですよね。

私事ですが、とても大切な人からの紹介で読んだ、思い出深い小説です。😅

静かに淡々と展開される恋や仕事への熱意、うまく映画にも反映されています。

/**********

アザリままみ、

ヒューマンドラマを中心に年間200作品は観るTSUTAYAのおともだち

スポンサーリンク

 


コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アカデミー賞
ままみが好きなダンス・パフォーマンス映画10選

スポンサーリンク おはよーキネマ!アザリままみです✨❤   実 …

アカデミー賞
ラ・ラ・ランド

スポンサーリンク おはよーキネマ!アザリままみです✨❤   今 …

カンヌ国際映画祭
カンヌ国際映画祭、邦画がパルムドール

スポンサーリンク おはよーキネマ!アザリままみです✨❤   が …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。